大学生必見!アルバイトの緊張を和らげるための5つの対処法

大学生必見!アルバイトの緊張を和らげるための5つの対処法

sponsored link







初めてアルバイトをする時ってとても緊張すると思います。

「仕事をちゃんと覚えられるかな」「先輩や同期とうまくやっていけるかな」など、様々な不安な感情が出てきます。

そこで今回は、アルバイトの緊張をどのようにすれば和らげることができるのか、これについて記事を書いてこうと思います。

1.初日は誰でも緊張する

まず大前提として、アルバイトの初日は「誰でも」緊張します。

それもそのはず、初めて会う人ばかりですし、会ったことがある人は、面接をしてくれた店長ぐらいじゃないでしょうか?初日の緊張や、初めて間もない頃の緊張なんてむしろ当たり前のことです。

そういった時は「緊張することは当たり前なんだ」というぐらいの気持ちで臨んで見ると良いでしょう。

1−1.初めての経験は人を不安にさせる

これも前提としておくべき考え方ですが、人間は経験したことのないことは緊張してしまうのです。

今までの経験を思い返してみてください。

小中高と入学したての頃って、希望や期待もあったとは思いますが、少なからず緊張や不安の気持ちがあったと思います?

それと一緒です。新しい環境に入ることは人間を不安にさせます。

先ほどと一緒のことを言うようですが、緊張や不安は当たり前の感情です。そんな自分に対して失望したり残念に思ったりすることはありません。

1−2.周りだって分かってくれる

先ほども言ったように、バイトの初日に緊張する事は当然の事です。それと同時にバイトの先輩なども同じように初めての出勤は緊張をしたはずです。

そんな時の気持ちを分かってくれる人もたくさんいます。周りの人も分かってくれるため、そこまで気にする必要はないでしょう。

もしかすると、出勤初日に緊張した事なんて忘れてしまっている人もいるかもしれません。そんな時は当時の気持ちを思い出してもらう事も含めて、「初めての出勤で少し緊張していますが、宜しくお願いします。」と一言挨拶をすることをお勧めします。

2.いざアルバイト初日

ついにアルバイト初日がやってきました。とても緊張していると思いますが大丈夫です。

ここからは、アルバイト初日に意識しておくべきことをご紹介していきたいと思います。

2−1.挨拶をしっかりとする

これはどんな時でも必要なことです。

会社や勤務先に行った時に「おはようございます!」と元気に挨拶をしましょう。会社の雰囲気を見てあまりにも大きな声を出すと迷惑になる場合もあるかもしれません。

しかし、基本的には大きめの声でしっかりと挨拶をしていきましょう。

挨拶の際に「今日からアルバイトをさせていただきます、◯◯です。」と一言添えられると良いですね。

2−2.表情は笑顔で

何か仕事を教えてもらった時や、アドバイスをもらう機会がすぐにあると思います。

そんな時は「ありがとうございます!」と笑顔で対応できると良いですね。少し緊張はしてしまうと思いますが、笑顔で対応することで「感じの良い新人さんだな」と思ってもらえます。

その時点で第一印象はとても良くなりますので、しっかりと笑顔で対応することを意識してください。

2−3.服装は清潔感を持って

基本的に指定がなければ、面接の時の服装と似たような服装をしていきましょう。

面接の時とあまりにもかけ離れた服装をしてしまうと、採用してくれた方も驚いてしまいます。まずは清潔感を持った身だしなみをすることを心がけてください。

髪型なども一緒で、いきなり髪を明るくしたりすることは避けましょう。徐々にアルバイトに慣れてきてから、いろいろな髪型にしてみても決して遅くはありません。

2−4.わかったふりをすると後悔する

わかっていないのに「分かりました」と答えてその場を乗り切っても、どうせ後で失敗をしてしまうものです。

それならわからない時は「すみません、もう一度教えていただけますか?」や「◯◯さん、これを教えていただいてもよろしいでしょうか?」と質問していきましょう。

「聞くことが恥ずかしい」なんて誰も思いません。むしろ分からないことは当たり前です。

後になって「すみません、やっぱり分かりませんでした」なんてことになったら、教える側も驚いてしまいます。

分からないことは、しっかりとその場で解決していく努力をしていきましょう。

2−5.教えられたことはしっかりとメモする

人間は忘れる生き物です。よほど記憶力が良い人間でなければ、さっき教えられたことでもすぐに忘れてしまいます。

ですが、教えた側は「さっき教えたよね?」と思ってしまいます。だからこそ、教えられた時はしっかりとメモすることを意識して下さい。

「俺(私)は大丈夫」と思うかもしれませんが、驚くぐらいに人間は忘れてしまいます。

「こんなことメモするなんて変かな?」と思う時もあるかもしれませんが、とりあえず分からないことはすべてメモする気持ちでいきましょう。

後から聞いても、人によっては教えてくれない時もあるかもしれません。

3.失敗しても大丈夫

誰だって失敗はするものです。大切なことは失敗をしてしまった時に、「申し訳ありませんでした。」と謝ること、そして失敗を次に生かすことです。

これさえ意識していれば、そこまで落ち込む必要はありません。

また、いろいろな人がアルバイトに緊張していますし、失敗もしています。そこで最後にアルバイトのよくある失敗談を載せておきます。

3−1.出勤初日で遅刻

初めての出勤なのに見事に遅刻…何てこともよくある事です。もちろんダメな事ですが、もしやらかしてしまったらそこはしっかりと謝るようにしましょう。

また初出勤日を間違えてしまうこともあります。「◯月◯日の◯時に出勤する」という事をしっかりとメモにしておきましょう。

3−2.自己紹介がうまく出来ない

はじめての出勤ですから、自己紹介をするタイミングが当然あるはずです。でも緊張をしているので、自己紹介がうまくできない事だってあるはずです。

最初の自己紹介がもしダメだったとしても、そこまで気にしないようにしましょう。もちろん上手く自己紹介できたほうが良いとは思いますが、それくらいの失敗でへこむ必要はありません。

3−3.対応が遅くてクレームを受ける

他人からのクレームや注意を受ける事はとても心が痛みます。特にバイトを始めたての頃は、同僚の人たちは優しく接してくれる事が多いですが、お客さんからしてみたら関係ないのです。

もちろん中には「新人さんだから仕方ない」と思ってくれる人もいるのですが、全員全員そういった心の広い人ばかりではありません。

もちろんクレームを受けてしまったら反省が必要ですが、そこまで気にせず次にその失敗を活かしてくださいね。

3−4.言葉使いが変になる

緊張をしていて、変な敬語を使ってしまう事も最初はよくあります。周りから見たら微笑ましいなと思えるくらいの事ですので、そこまで気にする必要はありません。

また、敬語を使う事を慣れていない人が大学生は多いです。バイトは敬語を覚えるための良い機会だなと思って臨んでみる事も良いかもしれませんね。

3−5.メモ帳を忘れる

アルバイト初心者にとって、メモ帳を忘れる事はかなり致命的です。わからない事ばかりの中で、メモを取れない事はまずいですね。

持ち物の忘れ物は最初は特にやってしまいがちです。もし忘れてしまったら正直に「すみません、忘れてしまいました。」と謝るようにしましょう。

メモ帳などの忘れ物を黙っていると後で痛い目に遭う事になりますよ。

4.最後に

最初にも言いましたが、人間はどうしても新しいことに挑戦するときは緊張してしまうものです。

その気持ちは当たり前なので、しっかりと向き合いましょう。そしてできることを一つずつやっていけば大丈夫です。

  • 挨拶をしっかりとする
  • 表情は笑顔で
  • 清潔感のある身だしなみ
  • 分かったふりをしない
  • 教えられたことはメモする

この5つをしっかり頭の中に入れておけば大丈夫です。

少しずつ慣れてくればアルバイトも楽しくなってくると思うので、無理をし過ぎずに頑張っていきましょう。

sponsored link add







大学生必見!アルバイトの緊張を和らげるための5つの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。