バイトを忘れていたときに無難に切り抜けるたった1つの方法

バイトを忘れていたときに無難に切り抜けるたった1つの方法

sponsored link







「あ、そう言えば今日バイトだった…」店長からの電話の嵐などでこの日がバイトである事に気付く時があると思います。バイトをやっていると、どうしても出勤日を忘れてしまうことがあることが現実です。

悪気はなかったけど、連絡すると怒られそうだし、怒られたとしてもできれば最小限にことを抑えたいところです。

結論から言うと、無難に切り抜ける方法は1つしかありません。

ここでは、バイトを忘れていたときに、相手の怒りを最小限に抑えながら切り抜けるたった1つの方法を解説していきます。

1.バイトを忘れたら必ず連絡する

icon_117090_256

まず、バイトを忘れていたり無断欠勤をしてしまったら、必ずバイト先に連絡をするようにしましょう。そして、忘れてしまったことに対しては必ず謝りましょう。

無難に切り抜ける方法はこれに尽きます。

どんな理由であれ、忘れてしまったのは悪いことですので、言い訳をせずにまずは「申し訳ありません」と、一言言いましょう。

どうしても素直になれなかったり、言い訳をしたくなる気持ちは分かります。ですが、間違っても、「自分は悪くない」という態度を見せてはいけません。

あなたが実際にバイトの上司の立場だとして、相手が言い訳を言ってきたらどう思うでしょうか?「ああ、こいつ言い訳しているな」と思うことが当然です。

また、忘れてしまった理由は相手に聞かれるまで言わないようにしましょう。自分から多くのことをしゃべると、言い訳していると思われてしまい、相手に誠意が伝わらなくなってしまいます。

反感を買わずに無難に切り抜けるためにも、全力で申し訳ないという誠意を伝えることが重要です。

1−1.連絡はとにかく早めに

ズルズルと「どうしよう連絡した方がいいかな」と後回しにする事は避けてください。まずは心を落ち着けた後に、すぐに連絡をする事を心がけてください。

後回しにしてしまうと、どんどん気まずさが増してしまい最終的に無断で欠勤なんて最悪の事態に陥ってしまう事もあります。

また、最悪の場合アルバイトの店長などが本気で心配してしまい、親御さんに連絡をしてしまうなどして、さらに複雑な事態に陥ってしまう可能性もあります。

気まずいかもしれませんが、とにかく連絡はスピーディーにする事を意識しておきましょう。

1−2.連絡がつかないとき

バイトを忘れてしまったこと気がついて、バイト先に連絡をしたとしても、忙しくて出れないことや繋がらないこともあります。そういった場合は、メールやLINEなどで連絡をしましょう。

その際に「電話で連絡をしましたが、連絡がつかなかったのでメール(LINE)で失礼します。」という文言を添えましょう。

ただし、メールやLINEで連絡するのは、電話が繋がらなかったときの対処法です。いきなりメールやLINEで連絡をするのはやめましょう。

1−3.連絡しないと…

バイトを忘れていたり無断欠勤をしてしまうと、基本的にはバイト先から連絡が入ると思います。

バイト先からの連絡で「今日出勤日だったのか…」ということに気がつき、急に頭が真っ白になってしまい、電話に出たくないし、折り返しの連絡もしたくないという気持ちになります。

確かに電話をしかとして、こちらからの連絡も入れないでそのまま放っておくこともできます。

しかし、連絡を後回しにすればするほど、次の出勤が気まずくなり、バイトに行きたくなくなってしまいます。

無断欠勤がきっかけで、その後が気まずくて嫌になり、やめてしまうというケースも少なくありません。

たとえ連絡をしたことで怒られてしまうとしても、その後のことを考えると、バイト先に連絡を入れたほうが無難にことが収まります。

1−4.それでも怒られてしまったら

悲しいことに、しっかりと謝罪をしても怒られることは当然あります。「何しているんだ!」「本当にやる気あるの?」などと、冷たい言葉、厳しい一言を言われることもあるでしょう。

ですが、やはりこれは仕方ないことです。上司からしたら自分の職場で本気で仕事をしているのに、部下が遅れてきたりサボったりしたら怒ってしまうのは仕方がありません。

そんな時も「申し訳ありません」と素直に謝ることが基本です。もしここで反抗などをしてしまったら、次回以降の出勤でとても気まずい雰囲気になりますし、場合によってはそれがきっかけでバイトを辞めることになるかもしれません。

怒られて腹が立つかもしれませんが、もともとの原因は自分自身にあるため、そこはぐっと怒りを堪えるようにしておきましょう。

1−5.気持ちをわかってくれる人も必ずいる

何度も何度も遅刻をしたりシフトを忘れてしまったら、さすがに飽きられるかもしれません。ですが、バイト仲間や先輩の中にはあなたの気持ちを理解してくれる人がいるはずです。

中には「大丈夫?」、「そこまで気にしなくて大丈夫だよ!」といったように優しく声を掛けてくれる人もいます。そういった人たちをあなたも大切にしたり、フォローをしてくれる時は「ありがとうございます」としっかりと感謝の言葉を返しましょう。

1−6.クビになる事なんて滅多にない

社会人であれば、大切な商談などに遅刻や欠勤をしてしまって会社に甚大な被害を与えてしまう事もあります。ですが、学生やフリーターの方は基本的に良くも悪くも”アルバイト”です。一度失敗をしてしまっても、そこまで会社に大きなダメージを与える事なんて滅多にありません。

「クビになってしまうのかな?」といった心配をする必要は特にありません。むしろ社会人になったらこんな失敗はもうしないぞ!というくらいの前向きな姿勢で臨んでみてください。

2.謝り方のテンプレート

謝る

バイトを忘れてしまったときの謝り方のテンプレートを紹介します。

「アルバイトの◯◯です。お忙しいところ失礼します。本当に申し訳ありませんが、出勤日を勘違いしてしまい、本日は行けそうにありません。本当に申し訳ありません。」

理由を追求されたら…

「大学の研修でどうしても抜けることができません。本当に申し訳ありません。」

基本的にはこのテンプレートに沿って謝るのが無難です。しかし、棒読みになってしまわないように、しっかりと申し訳ないという誠意が伝わるように相手に伝えましょう。

また、バイトを忘れてしまった理由はいろいろあると思いますが、それぞれ気をつけたいポイントがあるので紹介します。

2−1.シフトを間違えてしまったら

「出勤日を明日と勘違いしていた」「時間を間違えてしまった」というような勘違いによってバイトを欠勤してしまうことはよくあります。

出勤時間に来ていなかったら電話が来る場合が多いので、その際に勘違いしていたという旨を正直に伝えて、出勤できるならすぐに向かうようにしましょう。

しかし、違う予定を入れてしまってどうしても出勤できない場合があります。その場合は「勘違いをしていて他の用を入れてしまった」と正直に伝えましょう。

もし、理由を細かく聞かれることがあれば「大学のゼミの研修がある」など、大学の講義や研修を理由に使うと良いでしょう。サークルや飲み会という理由は印象が良くないので控えましょう

2−2.自分の用を優先してしまったら

シフトが入っているのは知っていたけど、どうしても確信犯的にバイトに行かなかったとか、どうしても行きたくなくて無断欠勤してしまったというようなケースもあるかもしれません。

そのように自分の都合を優先してしまったら、やってしまったことは仕方ないので、とりあえず謝りましょう。

休んだ理由を聞かれてしまっても「やりたいことが他にあった」なんて正直にいうのは良くありません。場合によってはクビになってしまうかもしれません。

このような場合は、「出勤日を間違えてしまいました」など勘違いを理由にして、さらに追求されてしまったら「大学の研修でどうしても出れない」というように切り抜けましょう。

そして、もし嘘をつく状況になってしまったら、おどおどしながら嘘をつくと相手に嘘がバレてしまい印象は最悪になってしまいます。

嘘をつくなら自信を持って、そして謙虚に嘘をつくようにしましょう。

2−3.辞めたくなってしまったら

一度の欠勤で気まずくなり、どうしてもバイトを辞めたくなってしまう時もあると思います。正直なところ、辞めようが続けようが選択としてはどちらもアリでしょう。

ですが、「サボってから気まずいしやーめた」といった軽い気持ちで辞めてしまうことはお勧めできません。そのような軽い姿勢で辞めてしまうと、これから新しいバイトを始めてしまっても、簡単にやめてしまう癖がついてしまいます。

自分の中で「◯◯な理由があって辞める」という明確な理由があるならまだしも、「なんとなく気まずいから」といった安易な理由で辞めることはお勧めできません。

2−4.シフトを忘れた次の出勤日は

シフトを忘れてしまった次の出勤日ですが、正直なところとても気まずいと思います。できれば話をなかったことにしたいものです。ですが、そんな時こそもう一度しっかりと謝罪をする事が大切で。

「この間は本当に申し訳ありませんでした。今日からまた頑張りますので宜しくお願い致します。」

この一言を出勤した時点で言えるだけでも、相手からの評価はプラスになります。間違えてもこの間の遅刻はなかった事にしておこうといった姿勢は避けるようにしましょう。

3.遅刻するときも必ず連絡する

バイトを忘れてしまったときは必ず連絡をするのですが、もし、遅刻をしそうになったときも必ず連絡を入れるようにしましょう。

遅刻の連絡を入れるタイミングは、遅刻をしてしまうことがわかった瞬間です。

例えば、大学の講義が長引いてしまい10分遅れてしまいそうなら、講義が終わった時点でバイト先に連絡を入れましょう。また、時間を伝えるコツとしては、本当に遅れそうな時間に5分プラスした時間を伝えると良いです。

本当は10分くらい遅れそうな場合

「申し訳ありませんが、講義が長引いてしまい出勤が、15分くらい遅れてしまいそうです」

このように少し余裕を持って時間を伝えると、自分の気持ちにも余裕が持てますし、仮に伝えた時間より早く着いたら「思ったより早かったな」という印象を持ってもらえて、遅刻したにもかかわらず、プラスの印象を持ってもらえるようになります。

しかし、この技を悪用してはいけません。遅刻時間はなるべく最小限にとどめる努力をしましょう。

3−1.遅刻した日の出勤は特に頑張る

「遅刻をしてしまった」これはごまかしようのない事実です。どんなに優しい上司でも、心の中で無意識的に「◯◯君は遅刻してしまった人だ」と思ってしまっています。そんな人に対する態度としては、やはり全力でその日のバイトを頑張ることです。

遅刻をした上にその日のバイトを適当にしてしまっては、とてももったいないです。どんどんあなたの評価は下がってしまうばかりになってしまいます。その日のバイトを頑張れば上司も「おっ、挽回しようと頑張っているのかな」と思ってくれるはずです。

ちなみ当然のことですが、これは遅刻をした時だけでなくシフトを忘れて欠勤してしまった次のシフトの時も、同じような姿勢で臨むことを意識しておきましょう。

3−2.帰り際にもう一度謝罪する

「さて、遅刻をしてしまったけどいつもよりバイトを頑張れたぞ」こう心の中で思うことはOKです。ですが、帰り際にもう一度迷惑を掛けてしまったことを素直に謝りましょう。

「今日は遅刻をして迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。次からはより気をつけるようにします。」たったこれだけで問題ありません。この一言を言うだけで相手からの印象は逆に上がってしまうのです。

4.まとめ

基本的には、バイトを忘れないようにスケジュール管理は徹底しましょう。

しかし、人間なのでどうしても忘れてしまうこともあります。その際はしっかりと自分の非を認めて素直に謝りましょう。

そして、ミスはできるだけ早く連絡するように心がけましょう。早く連絡をすれば、相手も対処の方法を考えることができます。

怒られるのが怖いかもしれませんが、自分が犯したミスは真摯に受け止め、素直に謝ることが切り抜けるための秘訣です。

sponsored link add







バイトを忘れていたときに無難に切り抜けるたった1つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。