バイトを今すぐやめたいと思ったときの3つの大切な考え方

バイトを今すぐやめたいと思ったときの3つの大切な考え方

sponsored link







大学生になってから新たな気持ちでバイトを始めたけど、「もう、すぐにでもやめたい」と思うことがあると思います。

なかなか先輩と上手くいかなかったり、仕事ができない自分に悲しくなったり、バイトが嫌になってしまうことばかり起きるかもしれません。

そういうときは気持ちが沈んでしまい、先輩や上司の一言一言が心に突き刺さり精神的に辛くなってしまいがちです。

ここでは、そんな「バイトを今すぐやめたい」と思ったときこそ知ってほしい3つの考え方があるので、紹介します。

1. バイトをすぐやめたくなる理由

バイトをやめたいと思うときのほとんどは「人間関係」が理由です。

それは、人間は本能的に自己防衛意識が働くため、基本的には冒険をせずに安定した生活を望んでいます。そのため、あえて新しい環境には入ろうとしませんし、新しい環境にストレスを感じてしまうものです。

新しい環境に入ると今までとは違う人間関係の中で過ごさないといけないので、慣れない人間関係をつらく感じてしまいます。

つまり、ほとんどの人がバイトを始めたばかりのときは「すぐにやめたい」と思うものです

決してあなただけが悩んでいるわけではありませんし、少なからずみんなが経験している感情です。

1-1. やめたい理由を書き出してみる

今、バイトをやめたいと思った理由はなんでしょうか?

おそらく、明確な理由がわかる人は、悩まずにやめていると思います。しかし、やめたい理由が明確ではなくて、漠然と「やめたい」と思っている人は悩んでしまいがちです。

そこで、なぜやめたいと思ったのか、その理由を明確にするためにやめたい理由を紙に書き出してみましょう。

書き出すときは「仕事がつらい」というようなぼんやりとした内容ではなくて、「◯◯の仕事が精神的につらい」「△△の仕事が肉体的につらい」など、より具体的な理由を書き出しましょう。

2. バイトをやる上で大切な3つの考え方

基本的にバイトをやめたくなる理由は、

「人間関係がつらい」
「仕事がつらい」

という2つの理由に落ち着くことが多いです。もしこの2つの理由以外のやめたい理由があるのであれば、今すぐやめて違うバイトを探しましょう。

例)パワハラ、セクハラ、倫理的な問題など

しかし、「人間関係がつらい」「仕事がつらい」という理由でやめたいと思ったのであれば、次の3つの考え方を頭に入れてみてください。

2-1. 最初は人間関係がつらいのは当たり前

冒頭で少し触れたように、新しい環境に入ったときは人間関係がつらいのは当たり前とおもったほうが良いです。

あなたが初対面の人を警戒するように、バイト先の人たちもあなたことを警戒します。そのため、最初からうまくコミュニケーションを取れることはありませんし、すぐに良い関係を築けることもありません。

2-2. 最初は仕事がつらいのは当たり前

また、それと連動して仕事がつらいのも当たり前です。

もちろん優しく丁寧に教えてくれる人もいると思いますが、仕事ができないうちは、上司や先輩から注意されることもありますし、ちょっときつく怒られることもあると思います。

それを「自分が否定された」と思い込んでしまい悩んでしまう人が多いです。注意されたり怒られたりしたからといって、人間を否定されたわけではありません。

初めから仕事ができる人はいません。仕事ができる人は一生懸命工夫や努力をして仕事を覚えてできるようになっています。そして、仕事ができるようになると、自然とつらさも無くなってきます。

仕事ができるようになり、心の余裕も持てるようになると、周りの人とコミュニケーションが取れるようになり、人間関係も良くなります。その時期を越えれば、バイトに対してのつらさは無くなります。

2-3. 1ヶ月は頑張ってみる

バイトを始めた最初は誰でもつらいです。しかし、先ほども述べたように、最初は人間関係と仕事がつらいのは当たり前と考えることができれば、打開策が見えてくると思います。

その打開策として、バイトを始めたら、まずは1ヶ月間一生懸命仕事をやってみましょう。1ヶ月間、一生懸命働けば、基本的な仕事は覚えることができると思いますし、要領も掴めます。

基本的にバイトは「仕事」ができればうまくいきます。仕事ができればみんな認めてくれますし、みんなに認めてもらえれば人間関係も良くなります。

1ヶ月間頑張って仕事を覚えて、バイト仲間と打ち解けられるようになったら、バイト先の雰囲気も変わってきます。すると、自分のバイトに対してのモチベーションや感情も変わってきて、「少し楽しいかも」と思えるようなっていきます。

仕事に対して意識が良い方向に変わってくると、自然と仕事を覚えるのも早くなりますし、色々なことができるようになります。

職場によっては仕事の出来具合によって、昇給制度があるかもしれませんし融通が利いてくるかもしれません。

3. 理想の環境はない

これも基本的な考え方なのですが、自分が理想としている環境はなかなかありません。

仕事が比較的楽でも人間関係が良くなかったり、人間関係が良くても仕事がきつかったり、両方が良くても職場の環境が悪かったり。。

仕事も人間関係も環境もいいんだけど、ただ一人ウザい先輩がいるというケースもあります。

なにか、妥協しなければならない点があることを意識しておけば、気持ちが楽になるかもしれません。

3-1. 自分が変われば環境も変わる

例えば、人間関係が良くないと感じたとき、もしかすると、あなたが壁や嫌いオーラを発してしまっている可能性があります。

自分では直接おもてにしないように気をつけていたとしても、言葉のニュアンスに出てしまったり、仕事の態度に出てしまったり、表情に出てしまうことは良くあります。

そういったネガティブな印象を相手は無意識に感じ取って、相応の態度で接してきます。

嫌な先輩がいたり、苦手なパートさんがいたとしても、自分は心を開いてポジティブな気持ちでいると、相手との関係も良くなります。

4. まとめ

バイトをすぐ辞めたいと思うことは誰もが通る道です。辞めたいと思いながらもなんとなく継続していたら仕事もできるようになり、周りの人たちにも認めてもらえるようになります。

もし、仕事ができるようになっても周りとの人間関係が上手くいかないときは、「ここは自分には合わなかった」と思って違うバイト先を探してみましょう。

バイトを継続するにしても、新しいバイトをするにしても、辛い時期を乗り越えるためには「仕事ができること」と「人間関係」は無視できません。また、自分が閉鎖的だったら相手もなかなか心を開いてくれないということを覚えておきましょう。

そして、これらは「1ヶ月間」頑張れば少しずつ打開できます。

この3つの考え方を頭に入れておけば、辛いと思っていたバイトも違った気持ちで臨めると思います。

ぜひ、今回の内容を参考に、頑張ってバイトをやってみてください!

sponsored link add







バイトを今すぐやめたいと思ったときの3つの大切な考え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。