バイトに寝坊したときの対処法と使える寝坊の言い訳5選

バイトに寝坊したときの対処法と使える寝坊の言い訳3選

sponsored link







朝起きたら店長からの着信履歴が何件もきていたり、あるいは店長からの電話で起きると頭が真っ白になってしまいます。。

そんなときは、一旦電話が鳴りやむのを待ってから、なんて言い訳をしようか考えると思います。

とは言っても、許してもらえそうな秀逸な言い訳がとっさに思い浮かぶことはなかなかありません。

できれば怒られたくないし、言い逃れたいと思うものです。

そんなときのために、ここではバイトに寝坊したときの対処法と使える寝坊の言い訳を紹介します。寝坊してしまったときに、ぜひお役立てください。

1.必ずバイト先に連絡を入れる

バイトに遅刻しそうなときは、怖くてバイト先に連絡を入れるのが嫌かもしれません。特に寝坊が理由のときは、何を言われるか考えると本当に憂鬱な気持ちになると思います。

ですが、必ず連絡を入れるようにしましょう。

無断欠勤だと、ただ忘れているという以外に、なにか事故に巻きこまれているのではないかと心配をしていることもありますので、嫌でもまずは連絡を入れるようにしましょう。

また、寝坊でパニックになってしまっているかもしれませんが、寝坊してしまったことは仕方がないので、一旦水を飲むくらい気持ちを落ち着けると良いでしょう。

1−1.正直に寝坊したと言った方がよい

連絡を入れるとしても、できるなら怒られたくないし言い逃れたいと思うかもしれません。怒られない言い訳をしたいところですが、寝坊した事実は言い訳せずに正直に伝えたほうが得策です。

体調が悪かったとしても、講義が長引いたとしても、それは「出れないとか遅刻しそうとわかったときに連絡を入れろ」と言われてしまい、余計に怒られてしまいます。

そのため、寝坊の理由を他の原因にすり替えることは難しいと考えましょう。また、多くの学生バイトを見てきている社員や店長からしてみれば、言い訳ということは絶対にバレます。

「寝坊した」ということを正直に言った上で、それらしい寝坊の言い訳を考えましょう。

1−2.誠心誠意、謝る

これは寝坊に限ったことではありませんが、無断欠勤をしてしまったときや遅刻をしてしまいそうなときは、誠心誠意、全力で謝りましょう。

間違っても、「自分は悪くない」という態度はやめましょう。たとえ電車が遅れていたとしても遅刻して迷惑をかけてしまったのは事実です。

特に、寝坊は自分が100%悪いので、申し訳ない気持ちを全力で伝えると、相手も少しはわかってくれるはずです。「すみません!寝坊をしてしまいました。」この一言を伝える事がまずは大切なのです。

1−3.謝るときの姿勢が大切

謝罪をするときは全力で謝りましょう。「自分が悪い」この事実は変わりようのないものです。謝るときに気をつける事の一つ目として、「出勤してすぐに謝る事」が大切です。

どうしても寝坊をして遅れて出勤をすると、「謝罪するのが気まずい」、「もしかして怒られるのかな」という考え方がよぎります。

また「さっき電話で謝ったしもう良いだろう」など。ですが、店長や他の出勤しているスタッフを避けていても、周りからしたら「あの人寝坊した上に謝りに来ないの?」と思われてしまいます。

つまり、さらにあなたに対する評価が下がってしまいます。ここは一旦諦めて、出勤した瞬間に改めて謝罪をしたほうが良いでしょう。

1−4.寝坊をした後の仕事への取り組みが大切

寝坊をした日の出勤はあまりやる気が出ないかもしれません。なんと言っても「やってしまった…」といったようなマイナスな気持ちが満載ですから。

でも失敗をしてしまった時こそ元気を出して、その日のバイトを全力で頑張りましょう。寝坊をした上にその日の仕事までテキトーにこなしている人がいたら、あなたはその人の事をどう思いますか?少なからず良い印象は抱かないと思います。

「切り替えてバイトを頑張る」この姿勢でアルバイトに望む事が大切である事は間違いありません。また、できればその日のバイトだけでなく、その次のバイトでもしっかりと仕事を頑張って、「頑張ってます。自分!」というアピールをしておいても良かったかもしれません。

1−5.帰り際にもう一度しっかりと謝罪をする

「寝坊をしてしまったけど、その日のバイトを頑張れた。」ここまで出来る事は本当に素晴らしい事です。ですが、もうひと踏ん張りをして、帰り際に「今日は本当にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。」と一言添えてから帰宅してください。

「さすがにもう良いだろう」と思うかもしれませんが。ここでもう一度謝罪をしておく事で、「律儀な人だなあ」と好印象を持ってもらう事ができます。面倒かもしれませんが、ここまでしておくと今後に良い影響をもたらします。

2.使える寝坊の言い訳5選

もし寝坊してしまった理由が「飲み過ぎ」とか「遊びすぎ」という理由でも、それを正直に言うのは印象が良くありません。そういう意味では、言い訳をすることもときには必要と考えます。

できるだけ相手の印象を悪くしないために、使える言い訳を紹介します。

2−1.出勤時間を間違えた

出勤時間を間違えたという言い訳が一番無難です。

出勤時間を間違えていて遅刻しているとは知らずに寝ていたという理由は、一番自然に言い訳できるでしょう。

2−2.前日から体調が悪かった

当日体調が悪かったら、出れないと思ったときに連絡をする必要がありますが、前日から体調が悪くて寝込んでしまって寝坊したという言い訳は、なんとなく筋が通っています。

体調不良を言い訳にしても良いですが、その場合、相手に余計な心配をかけてしまうこともあるので、のちに面倒くさいことにもなりかねません。

また、体調が悪いと言っていたのに、出勤してみたらケロっとした顔で仕事をしているのも印象が良くないので少し体調が悪るそうな雰囲気を出さなければなりません。

2−3.深夜まで課題や勉強をやっていた

深夜まで課題や勉強をしていて寝落ちしてしまったというパターンの言い訳です。

これも課題を溜め込んだ自分が悪いので堂々と言える言い訳ではありませんが、寝坊の理由としては使えるでしょう。

2−4.目覚ましの電池が切れていた

結局はこちらも自分自身の管理不足であるため、堂々と言える事ではありませんが、言い訳のうちの一つのパターンになります。

「ずっと使っていた目ざまし時計の電池がついに無くなってしまった」、「寝ているうちに寝ぼけて目覚ましを倒し、電池が外れてしまていた」などの使い方が出来るかもしれません。

2−5.どうしても腹痛で…

「どうしてもお腹が痛くて、電車の乗車中に一度降りてしまった」これも最もらしい言い訳です。こんな言い訳は恥ずかしくて言えない!という方もいると思うため、もちろん無理に使う必要はない言い訳になります。

どうしてもという時に使ってください。

3.寝坊を無かったことにできるわけではない

ここまで、寝坊をしてしまったときの対処法と言い訳を紹介しましたが、寝坊を無かったことにできるわけではありません。

あくまで、自分の罪を最小限に抑えて無難に切り抜けるための方法です。

寝坊をして遅刻をしてしまった以上、バイト先の誰かしらに迷惑をかけてしまいますし、業務に支障が出てしまうということはしっかりと受け止めましょう。

その事実を受け入れることができたら、自然と申し訳ない気持ちになり謝ろうと思えるはずです。

3−1.遅刻や無断欠勤は信頼を失いかねない

そして、遅刻や無断欠勤をしてしまうと、どうしても信頼を失ってしまいます。一回の遅刻ならまだ許されることが多いですが、寝坊での遅刻が続くと、完全に信頼を失います。

一度失った信頼を取り戻すのはなかなか大変です。

寝坊してしまったことは仕方がありませんが、次からは絶対に同じことを繰り返さないようにスケジュール管理をしっかりして、寝坊をしない生活習慣を身につけましょう。

4.まとめ

最後にもし寝坊をしてしまってバイトに遅れてしまいそうなら、最初に伝えるべきことや、その後の対応で気をつける事をまとめました。

  • どのくらい遅れるのか連絡をするようにする事
  • 起きた時間がすでに出勤時間を過ぎていても連絡をする
  • 余計言い訳をしないで素直に寝坊した事実を認めて、謝ること
  • 寝坊した理由をうまく嘘をつきながら言い訳をして、ことを最小限にとどめる
  • 出勤をしたら、メンバーに迷惑を掛けたことを自覚してまずは全力で謝る
  • その日の仕事に関しては特に一生懸命仕事をするようにする
  • その日の帰り際にもう一度謝罪をする

この7つを意識することで、バイトの日に寝坊をしてしまっても何とか乗り切ることが出来るはずです。どうしてもという事態になってしまった時に、ぜひ使って欲しい手法でした。

sponsored link add







バイトに寝坊したときの対処法と使える寝坊の言い訳3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。