バイトの仲間と馴染めない状況を打開するたった3つの方法

バイトの仲間と馴染めない状況を打開するたった3つの方法

sponsored link







バイトを始めてしばらく時間が経つけど、なかなかバイト先の人と馴染めなくて不安。というかたもいるのではないでしょうか?

バイト先の人と馴染めないことを悩んでしまうということは、少なくとも何か改善したいという気持ちがあるのだと思います。

そして、馴染めないということは、人間関係がなかなかうまくいっていないと思いますが、バイトは色々な世代の人たちが同じ仕事をする環境なので、人間関係が難しいのは事実ですし、人間関係の構築の方法も特殊です。

なんとかバイト先の人と仲良くなりたい!という思いに応えるために、ここではバイトの仲間と馴染めない状況を打開するための方法を3つ紹介します。

これを読んだ後、すぐに応用していただければと思います。

1.バイトのコミュニケーションは特殊

バイトは特殊な環境で、人間関係の構築方法もコミュニケーションの取り方も特殊です。

特殊な環境というのはどういうことでしょうか。それは学校のクラスの人たちや、サークルの人たちと友達になるのとは違い、バイトは基本的には仕事をするところだということです。

つまり、バイト先の人たちは、はっきりと声には出さなくても、心の中では仕事ができない人は論外という気持ちで取り組んでいます。

あくまでも仕事ができた上で、業務に差し支えない程度にプライベートな会話をしたり、趣味の話をするのです。

仕事ができる人やベテランの人たちは、慣れという面も含めて仕事を無難にこなすので、仕事の話よりもプライベートな話が多くても問題がありません。

つまり、仕事ができないのに他の話をしようとする人がなかなか受け入れてもらえないのは、「仕事ができないくせに喋るなよ」という思いをみんな持っているからなのです。

1−1.まずは、仕事ができるようになる ポイント①

仕事ができない人は、なかなか馴染むことができないのがバイトの特徴です。

なので、バイト先でみんなに馴染むためには、まずは仕事ができるように頑張りましょう。

周りは楽しそうな話をしているかもしれませんが、仕事ができない状態で会話に入ろうとしても、煙たがられてしまうのがオチです。

仕事ができるようになるまでは馴染めないものだと割り切って、いち早く仕事を覚えてしまうのが良いでしょう。

仕事ができるようになるには

基本的に仕事ができるようになるためには、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

1. 言われたことをしっかりとメモに取る→一度言われたことはなるべく早めに覚えることが重要です。その中でもメモを取る姿勢を見せることで、「お。この新人の人はやる気があるな」と示すことができます。

2. 積極的に質問をする→分からないことがあったら合間を見て質問をしましょう。「忙しそうだから質問しにくいな」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ後回しにしてしまって、後で気まずい気持ちになることの方が長い目で見たときに危険です。

3. 仕事ができる人の観察をする→仕事ができる人には何かしらの理由があります。「一つ一つの作業が丁寧」、「常に先を見据えた行動をしている」、「忙しいときでも笑顔でいる」こんな基本的なことかもしれませんが、意外なところに秘訣があります。できるだけそういった部分を真似できるようにしましょう。

1−2.相手の印象を悪くしないようにする ポイント②

バイトを始めた最初の頃は仕事ができないのは当たり前です。人によって要領よくこなせる人もいるかもしれませんが、仕事をある程度覚えるまでは、バイトの場合は少なくとも1カ月程度はかかります。

そんな中でも、初めてのことは色々と先輩に教えてもらえるでしょうし、わからないことは質問をすれば良いのですが、ここで注意をしなければならないのが、

「一度言われたことは、もう一度言われないようにする」

ことです。

人間なので全てを覚えることができるとは思いません。なので、一回聞いたことでも忘れてしまうことはあると思います。

しかし、質問する側の気持ちとは裏腹に、質問に答える側としては、

「何回も同じこと言わせるなよ」

と思うものです。もちろん、教える側もしっかりと伝えていない場合があるので、教える側にも責任があるのですが、できれば悪い印象を与えたくはありません。

なので、こちらも質問しなくても良いように、必ずメモ帳とペンをもって、言われたことはメモをするようにしましょう。

特に、バイトを始めたばかりのときは覚えることがたくさんあって、とてもじゃないけど頭だけでは覚えきれません。

一生懸命学ぶ“姿勢”が大切

また、メモを取っている姿は、相手に「一生懸命やっている」という良い印象を与えやすいです。

どうしても教えてくれた事に対して忘れてしまう時もあるはずです。そんな時は無神経に「これ教えてください」と言うのではなく、「前も聞いた事なので申し訳ないのですが、ここをもう一度教えてもらって良いでしょうか?」と前置きをしておきましょう。

「何度もすみません」という気持ちをアピールするだけでも、聞かれた側としてはそこまで悪い気持ちはしないのです。ぜひ意識してみましょう。

バイトに慣れるまではどんな心構えでいればいいのか「バイトに慣れるまでは意識しておくべき5つの重要項目」という記事で詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

1−3.仕事のことでコミュニケーションをとる

ここまでのことに気をつけて、とにかく仕事ができるようになると、自然と周りの人たちに認めてもらえるようになります。

また、仕事ができるようになってくると、自分自身も心に余裕が出来始めて、バイト先の人たちの見え方も変わってくるでしょう。

そのように、仕事に慣れてきたら少しずつバイト先の人たちをコミュニケーションを取っていきましょう。

しかし、いきなりプライベートな話をぶっこんだり、自分勝手な話をするのは控えて、まずは仕事のことで話をしていき、相手の壁を少しずつ破っていけると良いです。

簡単な例を挙げると、「彼女いるんですか?」という質問よりも、「これってどうやるんですかね?」、「◯◯さんって大学生なんですか?」というような、ある程度当たり障りのない仕事上の質問を投げかけてみるようにしてみましょう。

・プライベートな質問も投げかけてみる

さらに仕事に慣れてきたら、ある程度プライベートな質問を投げかけるようにしても問題ありません。「休みの日はなにしてるんですか?」、「出身はどこなんですか?」などの質問項目です。

基本的なプライベート質問事項は下記に挙げておくので、ぜひ参考にしてみてください。ポイントとしては「相手の事を知りたい」という気持ちを持つ事です。

  • 趣味の話(趣味はあるんですか?)
  • 大学の話(どこ大ですか?なに学部ですか?)
  • 地域の話(どこ住みですか?出身はどこなんですか?)
  • 恋愛の話(彼氏彼女はいるんですか?*ただしこれはある程度人間関係が出来上がってきてから)
  • 食の話(いつもお昼休憩はどこに言っているんですか?)
  • 将来の話(将来は何をするんですか?)

主にこの6つを押さえておく事で、しっかりと会話を作る事が出来るようになります。

2.コミュニケーションの取り方

ここで、コミュニケーションの話をします。

これは、バイト先の人たちとのコミュニケーションを取るときに使うのはもちろん、普段の学校生活でも使えるコミュニケーションの手法です。

バイト先の人と馴染めない場合は、ここで紹介するコミュニケーションの手法を試してみてください。

2−1.とにかく聞き手にまわる ポイント③

コミュニケーション能力というと、話す力だと勘違いしている人が多いようですが、話す相手がいれば聞く相手もいます。話し手と聞き手がいて始めてコミュニケーションが成立します。

自分が話すのが苦手だったり、馴染みにくいなと思うのであれば、決して無理をして会話をしようとする必要はありません。とにかく聞き手に回ってみると良いですし、その方が気持ちも楽になるでしょう。

しかし、話すよりは気持ちが楽になるとはいえ、聞き手もやるべきことはあります。

相手に色々と話をしてもらうために、「質問」をする必要があります。聞く態度も重要なポイントです。

もちろん、相手に気持ち良く話してもらうように的確な質問ができるようになるのは、すぐにはできないと思います。

「どんな質問をすれば相手は話を続けてくれるのかな?」

ということを日々考えながら、「質問する」というコミュニケーション能力を身につけてください。

それが、馴染めない状況を打開するポイントです。

聞き方のコツとしては単発で色々な質問をするよりも、「趣味はなんですか?」→「◯◯だよ」→「そうなんですね!いつから趣味にしているんですか?」と言ったように話の流れに沿った質問を投げかけてください。

2−2.共感してあげる ポイント④

聞き手に回り、相手に気持ち良く話してもらうためには、相手の話に共感してあげると良いです。

間違っても、信頼関係が構築されていない状態で、「それは違いますよ」というように相手の話を否定してはいけません。

人は、否定された相手の話を聞きたいとは思わない生き物です。反対に、共感してもらえたら嬉しいですし、「またこの人と話したい」と思うものです。

「女性は共感されたい」ということを良く聞きますが、それは女性に限らず男性も同じです。(女性の方がより顕著なのは事実です)

バイトに馴染めないうちは、男女関係なく、そして年上年下関係なく、とにかく相手の話に共感をしてあげてください。

共感の仕方としては、「へえ、そうなんですね。その気持ちよくわかります!」と言ったり、あなた自身が経験した事ないものであれば「そうなんですか。僕はその経験はないですけど、その気持ち多分わかると思います!」と言ってあげると良いでしょう。

2−3.共通の趣味を見つける ポイント⑤

できれば、意図的に共感するのではなく、自然なテイストで共感してあげた方が相手は気持ちが良いですし、何より、自分も無理をしなくていいのでストレスもかかりません。

そのために、「共通の趣味」を見つけると、ストレスなく、自然と共感できるようになります。

趣味が同じだと、仲間意識が芽生えてコミュニケーションが取りやすくなります。

「類は友を呼ぶ」というように、人間は似た者同士が集まる傾向にあります。そのため、「あなたと私は共通点があります」という部分をアピールすることで、自然とお互いに親近感が湧いてくるのです。

・共通の趣味の見つけ方のコツ

特に仕事を始めたばかりの人は、あまり仲間の話の内容に混ざる事が難しいかもしれません。そんな時にオススメの裏技があります。

それは「バイト先の人たちの会話に耳を傾けておき、情報を取得しておく」という者です。普段であればどうでも良い事かもしれませんが、早い段階でこの行為をしておくと、後々話題を見つけおく事が楽になります。

少しずつバイトに慣れていったところで、この時耳にしたネタを話題にして会話に入れておくと、盛り上がった話ができるようになります。

「実は私も◯◯なんです」と言った形で話題を作れたら一気に仲間の輪に入る事が出来るかもしれませんよ。

3.まとめ

バイト先の人と馴染めないという状況を打開するには、

  • まずは仕事を覚える
  • 相手の印象を悪くしないようにする
  • とにかく聞き手にまわる
  • 共感してあげる
  • バイト共通の趣味を見つける

という5つのポイントを押さえておきましょう。

これらを意識しながらバイトをやっていれば自然と馴染めるようになっていきます。また、これらを意識しているうちに、バイト先だけでなく、普段の生活でも人間関係が良くなっていくのを感じることができるでしょう。

自分ができることはやるだけやったら、あとは成り行きに任せましょう。気づいた頃にはバイト先の人と馴染めて、楽しくバイトができるようになっているでしょう。

sponsored link add







バイトの仲間と馴染めない状況を打開するたった3つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。