バイト先の人間関係を劇的に改善する考え方と基本マナー

バイト先の人間関係を劇的に改善する考え方と基本マナー

sponsored link







「アルバイト先の人間関係に困っている」

きっと大学生の中には、この様な悩みを持っている人が多数いるのではないでしょうか。

以前の記事でも紹介しましたが、仕事を辞めるほとんどの理由は「人間関係」から来ています。それぐらい大切な要素なのに、多くの人は人間関係をないがしろにしています。

逆に言うと、この人間関係さえ良好にできれば、あなたのアルバイト先のギスギスした嫌な雰囲気はなくなり、きっと沢山のアルバイト仲間がいきいきと仕事に専念できるでしょう。

そのための提案をしていくので、ぜひ続きを読んでみてください。

1. どんな環境でも苦手な人は存在する

まず、どんな環境にいても、あなたの苦手とする人は必ずと言っても良いほど存在します。

ですが、そこで「苦手な人がいるから全部投げ出したい」と思うようではもったいないです。

苦手な人がいても、アルバイト先の人間関係を良好にしていけるように、次から記事を書き進めていきます。

2. あなたの行動から人間関係は改善される

アルバイトで嫌なことがあった時に、

「なんなんだあの人は」
「あの人のせいだ」
「自分は悪くない」

と思うかもしれません。

確かにあなたは悪くないかもしれません。ですが、そのまま相手のせいにしただけでは、人間関係を良好にすることは出来ません。

だからこそ、まずはあなたから状況を良くするための行動を起こす必要があるのです。

2-1. 挨拶をしっかりとする

「行動を起こす」と言っても、そこまで難しいことは考えなくても大丈夫です。

単純なことから行動を起こしていけば、少しずつ状況は改善されていきます。

まずは「挨拶をしっかりとすること」です。

「おはようございます」
「お疲れ様です」
「お先に失礼します」

たったのこれだけをハキハキと言うように意識するだけで、相手からの印象は変わってきます。

「返報性の法則」という言葉があるように、まずはこちらから提供していけば、あっち側も「何か返してあげたいな」と無意識に思ってくれます。

2-2. 感謝の言葉を伝える

ありがとうございます

どんなに細かなことでも、感謝の言葉を伝えることができれば、相手としては嬉しいものです。

「これぐらいのことしてくれるのは当たり前だろ」と思うかもしれませんが、感謝の言葉は伝えられるようにしましょう。

2-3. 謝罪はしっかりとする

自分自身がミスをしてしまった時に「すみませんでした」と謝れるようにしましょう。

当たり前のことかもしれませんが、自分のミスはなかなか認めたくないものです。ですが相手からしたら「ミスをしたら謝るべきだ」と思っています。

バイトを始めたばかりの人は、ミスが多いため、謝るべき場面が多くなります。謝罪が出来ないことで人間関係が悪化することもあるので、意識してみましょう。

2-4. 人の悪口や陰口は言わない

自分がしたことはいつか自分に返ってきます。

悪口を言えばいつか自分に返ってきますし、逆に良いことをすれば、いつか自分に良いことが返ってくるものです。

あなたは悪口や陰口を言う人と、積極的に良好な関係を築きたいと思いますか?

思っていることを、たまに愚痴として吐くことは良いかもしれませんが、それはほどほどにしておきましょう。

3. 人間関係を良好にしたい人は他にもいる

アルバイト先には、きっとあなたと同様に「人間関係を良好にしたい」と考える人はいるはずです。

あなたが上であげたような事を積極的に行うことができれば、きっと似たような考えを持った人が現れます。最初は大変かもしれませんが、自分から行動を起こすことで周りも変わってきます。

4. どうしても辛い時はアルバイト先を変える

どうしても今の状況を変えられないと感じた時は、思い切ってアルバイト先を変えても良いかもしれません。

色々な人がいる訳ですから、どうしても人間関係を改善できない環境もあります。本当に辛い時は、勇気を出してアルバイト先を変えてみましょう。

日本でしたら他にもたくさん働く場はありますから。

5. 最後に

いかがだったでしょうか。

人間関係を良好にするためにも、それが難しくてアルバイト先を変えることも、結局は自分自身が行動に起こさなくてはいけません。

ぜひ今回の内容を参考にして良好な人間関係を築いていってください。

sponsored link add







バイト先の人間関係を劇的に改善する考え方と基本マナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。