バイトに行きたくない…その理由の9割は人間関係!?

バイトに行きたくない…その理由の9割は人間関係!?

sponsored link







「今日はバイトに行きたくない」誰もが体験したことがある感情ではないでしょうか?

「バックれてそのまま辞めちゃおうかな」なんて思うこともあるかもしれません。

このようにバイトに行きたくなくなる理由は、「仕事が大変だから」「ミスをしてしまうから」などが挙げられますが、それぞれを深くまで突き詰めると「人間関係」が深く影響しています。

つまり、バイトに行きたくないと思う理由は、人間関係に関する問題なのです。

人間関係とは一体どういうことなのでしょうか。ここでは、バイトに行きたくない理由と「人間関係」の関わりについて探っていきます。

もし、あなたが「バイトに行きたくない」と思っているのであれば、今回の記事を読むことで前向きな気持ちになっていることでしょう。

1. バイトに行きたくない理由の9割は「人間関係」

あなたが「バイトに行きたくない」と思っているのならば、その理由は一体なんでしょうか。

おそらく、頭には店長に怒られるイメージや、嫌な先輩にネチネチ注意されるイメージがあるのではないでしょうか。

そのように、嫌な人が頭に思い浮かんだときに、バイトに行きたくなくなるものです。

1-1. 本当は仕事が辛いわけではない!?

中には、

「ミスしてしまうのが嫌」

「接客をするのが面倒くさい」

という理由でバイトに行きたくないという人もいます。しかし、そのような人たちは本当に人間関係は影響しないのでしょうか。

例えば、「ミスしてしまうからバイトに行きたくない」という人がいるとします。

一見、ミスが嫌でバイトに行きたくないと思いがちですが、実は行きたくない理由を深堀して見ると、

「ミスをしてしまい、先輩に怒られるのが嫌

というように、「ミス」自体が理由ではなく、「怒られること」が行きたくない理由になっていることがほとんどで、それは、先輩との間の人間関係が原因と言えます。

もしミスをしても、優しく指導してくれる先輩や上司だったら、行きたくないとは思わないでしょう。

また、「接客をするのが面倒くさい」という理由は、接客はダイレクトにお客様と関わる仕事ですので、お客様からのクレームが嫌というケースがあります。

あるいは、接客ミスをしたことを、先輩や店長に怒られるのが嫌でバイトに行きたくなくなるというケースもありえるでしょう。

これがもし、ミスをしてもクレームを入れないお客様だったり、丁寧に指導してくれる店長だったら、行きたくないと思うことは圧倒的に少なくなるでしょう。

あなたも、バイトに行きたくない理由を少し深くまで探ってみてください。

人間関係が影響するところまで深堀できるのではないでしょうか?

2. 人間関係が良ければ続けられる

バイトに行きたくなくなる理由のほとんどは人間関係が大きく影響しているということは、逆に言うと、人間関係さえ良ければ、多少仕事が大変だったり面倒くさくても、乗り越えることができるはずです。

では、人間関係を良くするために、あなたが出来ることを紹介していきます。

2-1. 自分の気持ちを変える

「店長に怒られたくないなぁ」

「あの先輩と一緒に働きたくないなぁ」

という気持ちがあるのは仕方がありません。

しかし、その気持ちでバイトをやっているうちは、いつまでたっても人間関係は良くなりません。

それは、自分が発している「マイナス」の気持ちはどうしても相手に伝わってしまい、相手もその気持ちを無意識に感じとります。

自分が特になにも悪いことをしていなかったとしても、

「こいつ、態度悪いな」

という印象を与えてしまいます。自分も相手も「マイナス」なイメージをもったままでいると、どうしても反発してしまい、立場が弱いうちは、怒られたり嫌味を言われてしまうのです。

また、相手が気持ちを変えてくれることは期待できません。

もし、相手があなたのことを受け入れてくれて、優しく対処してくれる器の大きい人なら、最初から人間関係は悪くなりません。

人間関係が悪いならば、自分が変わらない限り、決して良くならないということを覚えておきましょう。

2-2. 仕事を早く覚える

仕事をなかなか覚えられずに怒られていたり、ミスをして怒られてしまうのであれば、自分が早く仕事を覚えてできるようになれば、怒られることは少なくなります。

怒られる理由として、「一回でモノを覚えない」「何回も同じミスをする」ということはよくあります。

店長や先輩から見れば「何回も同じことを言わせるなよ」と思うのも仕方がありません。

最低限の仕事を覚えれば、小さなことで怒られることはなくなるでしょう。

バイトに慣れなくて不安だったり辛い気持ちになってしまっているのであれば、「バイトに慣れるまでは意識しておくべき5つの重要項目」という記事を読んで、しっかり最低限の準備ができるようにしておきましょう。

2-3. 自分から心を開いていく

バイトに行きたくないと思った時は、まずは自分の気持ちを変えて、早く仕事を覚えるようにしましょう。

それが出来るようになったら、心の余裕も出てきます。できなかった仕事ができるようになると、周りにも認めてもらえるようになり、自信も付いてきます。

そのようになったら、バイトに行く時の気持ちも変わってきますが、さらに、人間関係が良くて、居心地が良くなるように、「自分から心を開いていく」ということが重要になります。

先ほどの、自分の気持ちが相手に伝わってしまうのと同じで、自分が心を開けば相手も心を開いてくれるようになります。

お互いに心を開いて、プライベートな話など、相手と何気なく会話ができるようになれば、人間関係も良くなっていき、バイトに行くのが嫌ということも少なくなてくるでしょう。

2-4. ウザい社員や先輩もいる

基本的にお互いに心を開いて何気ない会話はができるようになれば、バイトに行く辛さはなくなっていきますが、バイト先の社員さんや先輩も人間なので、ネチネチしている人や、ウザい人もいます。

そのような人たちは、職場の中でも嫌われていて、みんなから煙たがられる存在です。その1人2人のウザい人たちのことを気にせず、他の人たちと上手く付き合いながら仕事をしていけば良いでしょう。

2-4-1. バイトを辞めてしまうのもあり

しかし、あまりにも嫌がらせがひどかったり、人間関係で済まされないようなひどいことをされていて、精神的に辛くなってしまう状態でしたら、悩まずにバイトを辞めてしまいましょう。

バイトをできるところは、探せばいくらでもあるので、1つの職場にこだわらずに、違うバイト先を探してみると良いです。

3. まとめ

バイトに行きたくないと思った時、その理由を良く探ってみると人間関係が問題ということが良くあります。

おそらく、あなたも探ってみれば、人間関係が嫌で、バイトに行きたくないと思ってしまってるのではないでしょうか。

人間関係が解決すれば、バイトの悩みも解決していきます。

今回の内容を何回も読んでいただき、どうすれば解決できるのか、自分に当てはめて考えてみてください。

sponsored link add







バイトに行きたくない…その理由の9割は人間関係!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。