大学生必読!バイトの選び方を6つの視点からアドバイス

大学生必読!バイトの選び方を6つの視点からアドバイス

sponsored link







初めてバイトをする人にとって「どんなバイトをしようかな?」といった悩みは共通して持っているものです。

バイト先によってはその後の就活に有利なバイトもありますし、自分が好きなことをできるバイトなのかなど、こだわりたい所はたくさんあります。

バイト選びで大学生活を大きく左右されることもあるぐらいバイト選びは大切です。「バイトがあるから大学の講義を休まなきゃ」という学生もいるぐらいですからね。

そこで今回は、「失敗しないためのバイトの選び方」について記事を書き進めていきたいと思います。

何を優先するべきか決めておく

求人情報などにはたくさんのアルバイトの募集広告が載っています。

求人はたくさんあるため「どうすればいいのかな」なんて考え込んでしまうでしょう。

そこでまず、重要視して欲しいことは「バイト選びでは何を重視したいのか」を決めておくことです。これを決めておかないと、なんとなくバイト先を選んでしまい、後で後悔してしまうことも多々あります。

次から「バイト選びの際に何を重視するのか」について触れていきます。

アルバイトの選び方のコツ①:時給で決める

「とにかくお金を稼ぎたい!」と思っている人は時給を見て判断しても良いでしょう。欲しいものがどうしてもあったり、生活費をしっかりと稼ぎたいという方は、時給を見て決めることも有りです。

ですが高時給なバイト先は過酷な仕事も多いため、そこは覚悟を決めてから挑戦するべきか判断するべきでしょう。

例として夜勤のアルバイトなどがあります。「大学の講義もしっかりと受けたい」と考えている人にとっては、あまりオススメしない部分があります。

アルバイトの選び方のコツ②:やりたいことで決める

「飲食店のホールをやりたい」「アパレルの仕事をやりたい」「家庭教師をやりたい」と言ったこだわりがあれば、やりがいを感じながらバイトをすることができます。

さらにその経験から、そのまま就職に繋がるなんてこともあります。

ですが、もしかしたら「やってみたら全然面白くなかった」と言ったこともあります。そこは実際に挑戦してみて判断してみるしか手段は無いとも言えます。

アルバイトの選び方のコツ③:賄いがあるのかどうか

一人暮らしの人にとっては、食費を浮かせることもあるため一つの考え方として有りでしょう。

中には「半額」「30%引き」というように、お金が掛かる賄いもあるため、もしかしたら不満に思う時もあるかもしれません。

そこは面接で質問をしたり求人情報を見て判断をしてください。

アルバイトの選び方のコツ④:人間関係が良好か

「やっぱりアルバイトは仲良くやりたい」と考える人も当然いると思います。

これは求人情報を見て判断することは難しいところです。そのため、友人や先輩などから「うちのアルバイト先はみんな仲良いよ」なんて紹介を受けた時は安心ですよね。

正直なところ人間関係については、紹介以外は入ってみてから分かることばかりです。

アルバイトの選び方のコツ⑤:服装の自由さで決める

服装はなんでもOKなんてアルバイトもあります。制服は嫌だとか、スーツは嫌だと考える人にとっては、「私服でも大丈夫」なところは魅力的ですよね。

これは求人情報を見てほとんど判断することができます。しっかりと目を通しておきましょう。

アルバイトの選び方のコツ⑥:場所で選ぶ

大学の近くにするか、それとも住んでいる近くにするのかなどで判断する人もいます。

できれば時間を掛けて出勤したくないですからね。ですが「大学の近くでアルバイトをすると友達に会うことがあるから苦手」と考える人もいます。

また、家と大学が離れていてアルバイト先を大学の近くにすると、大学に行く用事がないのにアルバイトに行くことになると面倒なことになります。

そういった部分も考えておくと良いでしょう。

アルバイトは色々経験しておく事がおすすめ

アルバイトは正社員として就職する事と違って、比較的簡単に新しいものを始めたり、すぐにアルバイト先を変える事ができます。

もちろん、いきなりアルバイトをばっくれて辞めてしまう事はよくありませんが、しっかりと期間を決めて辞める事は特段いけない事ではありません。

始めは接客業を経験したいといった理由でホールの接客を初めて、そのあとにアパレルのアルバイトを経験しても良いです。方向転換して、人と関わる事が少ないアルバイトを経験してみても良いです。

中には成果報酬型のアルバイトだってありますから、比較的イレギュラーな物にも挑戦してみても良いでしょう。いろいろな経験は自分の糧になりますから、是非いろいろな事に挑戦していってください。

自分の得意な事・苦手な事をアルバイトにする事もおすすめ

前半部分で、「やりたい事で決める」といった物もありました。それと似ている考え方ですが、「自分は得意だ」と思っている事をアルバイトにしてみても良いです。

他にも、「自分は苦手だ。だから克服したい」と行った理由でアルバイト選びをしてもチャレンジングで良いでしょう。

なんにせよ、何かしらの理由や目的がないと、アルバイトをやる気にすらならない事もあるため、自分の中で「アルバイトをやる理由」などを決めてみる事がおすすめです。

アルバイトの選び方まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 時給
  • やりたい事とマッチしている
  • 賄いの有無
  • 人間関係を重視する
  • 場所で選ぶ

もちろん、この他にもこだわりの条件を持ってアルバイトを選んでも大丈夫です。

人によって重視することは違いますから、「これは譲れない」という意識を持ちながらアルバイトを選んでみてください。

sponsored link add







大学生必読!バイトの選び方を6つの視点からアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。