手紙で別れ話をするのってアリ?手紙のメリットとデメリットとは

手紙で別れ話をするのってアリ?手紙のメリットとデメリットとは

sponsored link







直接やlineではなく、中には手紙で別れ話をする人もいるかもしれません。

手紙でのメリットやデメリットを参考に、手紙は別れ話に向いているのかを検証していきましょう。

手紙で別れ話をする人は少数派

10代までの学生の場合は手紙で別れ話をする人もいるかもしれませんが、20代を過ぎると手紙を使って別れ話をする人は急激に減っていきます。

その理由は大学生以上になると携帯電話を持っていて普段はそちらをメインとしてやり取りをしている場合が多いですし、手紙ではlineのように相手が確実に受け取って読んでくれたことがわかる機能がないからです。

手紙を別れ話だけでなく普段から使わない人が多いのは、手紙を使う必要性があまりないからだと言うこともできます。

ただ、手紙を書く人が少数派だからこそ、手紙は印象に残りやすかったりきちんとけじめをつけなければという気持ちにさせられるものでもありますよね。

手紙で別れ話をするメリット

あまり使われない手紙を使った別れ話ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

手紙には主に2つのメリットがあるとされています。

①文字だから気持ちが伝わりやすい

lineやメールではただ文字を打つだけなので、例え別れ話だったとしても普段の話の延長のように感じてしまう人も多いでしょう。

手紙はlineやメールと違って誰が打っても同じということはなく、本人にしか書けないものでもあります。

実際に手紙は本気度が伝わりやすく、時間をかけなければ書けないものなので、気持ちが伝わりやすいといったメリットがあります。

lineでの別れ話は簡潔にまとめなければいけないと意識して短文になりやすいですが、手紙なら長文で思っていることをしっかりと伝えられる点も良いですよね。

②直接話ができない時に有効

手紙は無視をされていたり遠距離恋愛中など、直接別れ話をしたいけれどできない状況にある時にも有効なものです。

特に、海外との遠距離の場合には時差があったりするので、お互いの時間が合いにくいですよね。

遠距離ならできれば電話で声を聞きながら話をするのがベストですが、どうしても難しい場合には手紙を使うのも良いかもしれません。

手紙で別れ話をするデメリット

手紙での別れ話にはメリットもありますが、どちらかというとデメリットの方が気になるという人も少なくありません。

実際にどんなデメリットがあるのか、3つのデメリットを確認していきましょう。

①文字として残ってしまう

手紙での別れ話は文字として残ってしまうだけでなく、筆跡で書き手が誰なのかがわかってしまうのが嫌ですよね。

もし、相手が手紙を大学で落としてしまってそれを拾って読んだ人がクラスメイトだったりしたら、大学内で良くない噂を立てられてしまうこともあります。

他にも、文字として残るとコピーをされたり写真を撮られるなど、色々なリスクが発生する可能性を忘れてはいけません。

②相手が読んでくれたかがわからない

手紙には既読機能がないので、相手が確実に読んでくれたかを知ることができません。

実家に郵送したりポストに入れたりしても本人に渡してくれているかがわからないですし、返事が来たり手紙に対する反応がなければ不安でモヤモヤすることになるでしょう。

確実に相手が読んだかがわかるならlineを使うべきですが、話の内容が残らないようにしたいなら直接別れ話をするようにしてください。

③一方的で話し合いができない

別れ話を文字で伝えるのは一方的ですが、それが手紙のように長文だと相手の意見は全く聞き入れてくれなさそうな雰囲気が出てしまいますよね。

手紙には相手に届くまでに時差が出てしまうこともあり、手紙を書いた時と相手に届いた時とでは気持ちが多少変わっていることも考えられます。

lineとは違って手紙は相手が受け取った後の話し合いもしにくくなってしまうので、相手と話し合いをしたいならまずはlineなどを使って話し合いをしたい気持ちを伝えましょう。

まとめ

手紙にも他の方法と同じように別れ話として使うメリットとデメリットがありますが、比較をするとメリットが小さくデメリットはかなり重いと言えます。

まずは直接会って別れ話をすることを心掛け、手紙は全ての方法がダメだった時の最後の手段として使うようにしてください。

sponsored link add







手紙で別れ話をするのってアリ?手紙のメリットとデメリットとは